スマートな暮らしを実現!狭小住宅カタログ【サカエ建設編】

こだわりを実現できる家
「狭小住宅」

このサイトでは、東京都内にある狭小住宅をご紹介しています。
外観やインテリアにこだわった家、坪数を最大限に活かした家、機能性を重視した家など、さまざまな事例を掲載。狭小住宅を建てるうえでぜひ参考になさってください。

photo photo photo

東京都内の土地をかしこく活用する狭小住宅

東京都内の土地をかしこく活用する狭小住宅1東京都内の土地をかしこく活用する狭小住宅2

近年、”一等地・高級住宅地に家を持つなら狭小住宅”…というほど、都心で狭小住宅が増えてきているのをご存知でしょうか?

狭小住宅は若い層からの支持が厚く、ちょっとしたブームになりつつあります。自分のこだわりを追求したいからこそ、あえて狭小住宅を選んでいるとのこと。

こだわる理由のひとつとして挙げられるのが、エリアです。
一等地や高級住宅地など、都心に家を構えるという立地条件を重視したことで選ばれたのが狭小住宅。そのエリアにある土地を最大限に活かしたり、自分のこだわりを反映させたりできると注目を集めているのです。

狭小と言われているので、狭いイメージを持たれている方も多くいらっしゃると思います。ですが、狭小住宅は横に大きくするのではなく、空間を上手く使い縦に広げていくのが特徴です。

特に、3階建てにしたり地下室を設けたりしてガレージやシアタールーム、書斎を作るなど、アイディアを詰め込んだユニークな造りにできる点が人気を集めています。

自分のこだわりはもちろん、家族のこだわりも実現できた狭小住宅の事例を見てみましょう。

【トレンド調査】スタイリッシュデザインの狭小住宅

空間を広く使うための工夫をこらした住宅

空間を広く使うための工夫をこらした住宅1空間を広く使うための工夫をこらした住宅2

こだわりを追求するにあたって、機能面はどうなのか?という心配があるかもしれません。
「狭いから使い勝手が悪いのでは…」「収納スペースがなくて物が溢れそう」など、狭小住宅に惹かれていても悩むところではないでしょうか。

広さに関しては、3階建てにする、地下室を設ける以外にも、スキップフロアを採用する方法があります。半階分フロアの高さをずらすことによって仕切りがなくオープンになり、実際の面積よりも広いと感じられます。また、子どもの行動が見えるようになるので、安心して家事や作業ができるようになるというメリットも。

そして、気になる収納面。
スキップフロアにすると廊下を作らずに済むため、デッドスペースを少なくすることができます。それにより空間を無駄なく活用できるので、収納スペースとして1室確保することも可能です。また、収納部分を天井からつり下げて床を広く使う、キッチンの背面に収納スペースを作って家電や食器を置くなど、とてもスッキリとした印象になりますよ。
中には床下収納を取り入れる住宅も!

狭小住宅だからこそどの部屋をどういった配置にするか、収納スペースはどこに作るかなど、試行錯誤しながら楽しくマイホームの設計に携わることができるでしょう。こだわりだけでなく、機能面でも優れた住宅を目指せるはずです。

その土地をいかにうまく活用することができるのか。
また、最大限活用するためにはどのような配置でどのような部屋にしていくのがベストなのか考え、その土地に適した狭小住宅を検討してみましょう。

【坪数別】こだわり狭小住宅セレクション

省エネからゼロエネ生活へ!話題のZEHとは?

狭小住宅への注目が高まるなか、狭小住宅・コンパクトハウスに力を入れ、専門的に取り扱う施工会社も増えてきました。コストを最小限に抑え、シンプルでスマートな暮らしを実現するために、断熱や太陽光発電を採用して「省エネ」を目指しています。しかし、今後は省エネではなく、ZEH基準をクリアした「ゼロエネ」がキーポイントとなるのです。

ダブル断熱で快適な家の実現!

従来は、柱と柱の間に断熱材を敷き詰める「充填断熱」が一般的でした。しかし最近は、壁の外側を断熱材で包む「外断熱」が、より断熱性に優れているとして多く採用されています。「ダブル断熱」というのは、その両方を取り入れた断熱技術です。冬は暖房の熱を逃がさず暖かく、夏は外からの熱を遮断して涼しい快適な家を実現できるため、エアコンの使用も最小限で済みます。

狭小住宅でも「ZEH基準」をクリアできる!?

「ZEH(ゼッチ)」という言葉を聞いたことはありますか?正式には「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)」と言われます。家庭で消費されるエネルギーを、断熱・省エネ・自家発電などにより0~マイナスに抑えられる家のことを指します。

経済産業省資源エネルギー庁でもこのZEHを推進していますが、狭小地や準防火地域でZEH基準をクリアした家を建てるのは高度な技術が必要…。“断熱・省エネ”でいかにエネルギーをセーブできるかという点が重要となります。

狭小住宅を建てるうえで、ダブル断熱・ZEH基準はとても魅力的です。しかし、標準で両方を取り入れている施工会社はなかなかありません。これから建てるマイホームでゼロエネ生活を送りたいと考えるのであれば、施工会社選びに注意したいものです。

外観やインテリアだけでなく、コスト削減や機能性についてのこだわりも叶うのが狭小住宅です。
ダブル断熱や太陽光発電などを上手く使い、ZEH基準をクリアした住宅で、ランニングコスト・ゼロを目指してみませんか?

狭小住宅の事例について

このサイトで紹介している狭小住宅は、高性能ダブル断熱とZEHの両方を兼ね備えたサカエ建設の施工事例です。シンプルでモダンな家や機能性・省エネを兼ね備えた家など、豊かな経験で培った提案力・施工力によって、施主のこだわりを見事に実現した狭小住宅を多数手掛けています。

またサカエ建設は、木造建築で高性能ダブル断熱・準防火建築物、狭小住宅でZEH基準をクリアといった、優れた技術を持ち施工を行っています。Ua値0.29という数値をたたき出し、省エネや断熱性の高さを実現しました。

一般的な施工会社ではオプションでつけるようなものも、サカエ建設では標準仕様として組み込まれています。特に、高性能のダブル断熱は他の施工会社には真似できない技術を持ち、ALC外壁材やアルミ断熱ドアなどと組み合わさることで高い断熱性を誇ります。

また、パネル工法は建物を強化し、地震や台風といった外部からの圧力を軽減することができます。オプションではなく標準仕様にできるのが、狭小住宅に特化しているサカエ建設だからこその魅力です。

サカエ建設の基本情報

サカエ建設HP 所在地 神奈川県相模原市中央区矢部2-30-6(本社)
設立 1977年2月17日
支社・ショールーム 東京支社、銀座ショールーム、新宿ショールーム、札幌支社
公式サイト http://www.sakaekensetu.co.jp/
PAGE TOP
スマートな暮らしを実現!狭小住宅カタログ【サカエ建設編】
【免責事項】 このサイトは2016年7月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。